タオ島・メーハートのセブンイレブン

メーハートのところにセブンイレブンがあり、飲み物やスナック菓子などを買えてよかったです。タオ島のコンビニは環境保全のためにビニール袋を渡さないようにしているみたいです。飲み物やお菓子などをまとめ買いしたときに言われたのでどうしようか困っていたら、19Bのエコバックをあることを店員が教えてくれて、それを購入して購入したものを持って帰りました。

タオ島・メーハートのセブンイレブン

(2019/05)

タオ島のお勧めホテルのチャームチュリーヴィラ(Charm Churee Villa)

前回(2015)も今回(2019)もタオ島ではチャームチュリービラに滞在しました。このホテルを選んだのは、タオ島の中心街で港であるメーハートから近いこと、プライベートでもシュノーケリングが楽しめることです。また、レストランも少し突き出た岩場にあり、見晴らしが最高です。

一番安いエコルームでしたが、部屋にエアコンも効いていて、冷蔵庫、扇風機もあり快適でした。前回もビーチから近い部屋でしたが、今回もビーチ前の部屋だったので、目の前のプライベートビーチが広がりいい感じでした。今回は一泊約11,000円でAgodaで予約しています。料金は同じ部屋でもキャセル料などで変わりますので注意してください。

部屋は、自然の岩をそのまま利用していて、部屋によって構造が異なります。また、部屋によってはプライベートビーチから徒歩数分程度ですが少し離れているところもあります。

チャームチュリーヴィラ(Charm Churee Villa)

チャームチュリーヴィラ(Charm Churee Villa)部屋からのビーチの眺めです。No.23の部屋です。

チャームチュリーヴィラ(Charm Churee Villa)

チャームチュリーヴィラ(Charm Churee Villa)

ホテル予約サイトAgoda チャームチュリービラ

チャームチュリーヴィラ(Charm Churee Villa)下の部屋です。上は別の部屋です。

シュノーケリングマスクは持参していましたが、ビーチ横の小屋で借りることが出来ます。ライフジャケットの借りることが出来ます。

プライベートビーチとなるJansom Bayは、透明度は以前(2015)に比べて落ちていましたが、海に向かって右手側には珊瑚が残っています。シュノーケリングが十分に楽しめます。魚の種類も多いです。

Jansom Bay部屋の前のプライベートビーチです。

Jansom Bayこんなに魚がいます。

ホテルは敷地は広いのですが、結構坂が多いので、年配の方は小さなお子さんのいる方には不向きです。特にフロントから50mぐらいが急坂になっており、下るときには注意が必要です。荷物は部屋まで運んでくれるので大丈夫です。また、港とホテル間のチェックイン、チェックアウト時の送迎は無料です。チェックイン時は、特にお願いをしていなかったので、ホテルのスタッフが名前を書いた紙を掲げていて最初びっくりしました。

ホテルのスターライト(Starlight)レスランは、突き出た岩場の上にあり、海が一望でき、最高です。西側にあるのでサンセットを眺めることが出来ます。朝食も同じレストランになります。タオ島で一番ロケーションの良いレストランです。

チャーム チュリー ヴィラ(Charm Churee Villa)朝食は2階で食べます。

チャーム チュリー ヴィラ(Charm Churee Villa)レストランから夕日です。

チャーム チュリー ヴィラ(Charm Churee Villa)

チャームチュリーヴィラ(Charm Churee Villa)朝食の場所からの眺めです。

チャームチュリーヴィラ(Charm Churee Villa)朝食の場所からです。魚がよく見えます。

チャームチュリーヴィラ(Charm Churee Villa)朝食のフロアです。ビュッフェスタイルです。

タオ島のフェリーの港があるメーハートからホテルでは車で行くと車で行くと大回りし2キロぐらいあるので遠く感じますが、徒歩の場合は、隣接するSensi Paradise Beach Resortの敷地内を通り抜けることができるので、町まで徒歩で1キロ、10分ぐらいで行くことができます。町のセブンイレブンに行ったり、ナンユアン島にボートタクシーで行ったりしました。ボートはナンユアン島往復で一人400Bです。

チャームチュリーヴィラ(Charm Churee Villa)早朝、リスが歩き回っています。

(2019/05)

ボプットビーチのお勧めホテル&レストラン(スマイルハウス)

今回(2019)は、リーズナブルで好立地なスマイルハウスに宿泊しました。ボプットビーチのビーチ沿いのメインストリートのちょうど中心に位置しています。入口からはわからないのですが、奥行きは200mぐらいあり、ホテル敷地内に入ると静かでリゾート気分が満載です。2019/05に宿泊しましたが、Agodaで予約し、デラックスルーム(バルコニー付き)で一泊一部屋8692円でした。

IMG_9040

サムイ島、スマイルハウス

サムイ島、スマイルハウス

サムイ島、スマイルハウス

ホテル予約サイト Agoda

スマイルハウスはビーチ沿いにレストランもあり、夜は人気のレストランの一つです。メニューは豊富で欧米人好みのものから、オーソドックスなタイ料理のシーフードもあります。料金もお手頃の価格です。

サムイ島、スマイルハウス

サムイ島、スマイルハウス

サムイ島、スマイルハウス

(2019/05)

ボプットビーチのビーチ沿いの様子

毎週金曜日にビーチ沿いの通りに屋台がたくさん出るウィーキングストリートになるのですが、なかなか曜日が合わないです。それでも夜になるとビーチ沿いのレストランやバー、そして屋台も少し出て活気づいています。金曜日以外でも毎日ではないのかもしれませんが、The Wharf Samuiというショッピングモール横の路地が屋台街になっていました。ただ水曜日にはお店が出ていましたが、金曜日にはお店が出ていませんでした。

ボプットビーチのナイトマーケットThe Wharf Samui横の路地のナイトマーケット

メインストリートにもスマイルハウスのところに屋台が少し出てました。

ボプットビーチ

ボプットビーチ

ボプットビーチ

ビーチ沿いにもまったりとできる席があります。こんなビーチ沿いで食事ができるもの、ボプットビーチの海が非常に穏やかなためです。

ボプットビーチ

ボプットビーチ

ボプットビーチスマイルハウスです。オーソドックスなタイシーフードを食べることが出来ます。

(2019/05)

ボプットビーチ(Bophut Beach)

サムイ島の北側に位置するビーチです。ビーチからは正面にパンガン島がよく見えます。約15キロくらい沖にあります。タオ島から戻ってきたときに、2015, 2019年に滞在しました。ちょうど位置的にタオ島行きのロンプラヤー社のフェリーがメナム港とサムイ空港のちょうど中間にあるので便利です。メナム港、サムイ空港からもちょうど8キロで、車で15~20分ぐらいです。

ビーチも穏やかです。ボプットビーチはもともと小さな漁村だったようですが、2000年初頭から高級ホテルが次々と開業しビーチ沿いの小道にはお洒落なレストランなどが連なっています。こじんまりとして静かな感じなので、ちょっとのんびりしたい人にオススメです。

フィッシャーマンズ・ビレッジ(漁村)と言われていますが、かつての漁村の面影はビーチ沿いからは感じられないです。

(2019/05)

スリンまでの行き方

スリンには、バスだとバンコクの北バスターミナルから約7時間、列車だと7~8時間で行くことができます。以前(2005)に行ったときはまだ格安飛行機がなかったので座席タイプ2等の深夜列車で行き、朝07:45に1時間15分遅れのスリン到着で、そのまま象まつりのスタジアムの行くというハードなスケジュールで行きました。

今は格安航空LCCが飛行機+車のジョイントチケットを販売しているので、これが断然オススメです。スリンまでは、バンコクのドンムアン空港からスリンのお隣の県のブリラム空港まで飛行機で移動、そこからジョイントしている車(乗り合いバン)でスリン中心部まで行くことができます。ブリラム空港からスリンまでは約70キロで所要時間は車で1時間15分ぐらいです。

スリンまでは、エアアジア、ノックエアが運行しています。スリンででの降車・乗車場所ですが、エアアジアはチャンノレッジパーク(The Chang Knowledge Park)、ノックエアはバスターミナル近くのマジェスティックホテルになります。エアアジアのピックアップ場所のチャンノレッジパークですが、スリン駅近くのキットトゥンベーカリーカフェの路地を入ったところにあります。送迎バンは、このカフェの横に停車するので、スリンからバンコクにエアアジアで戻る場合は、このカフェでコーヒーを飲みながら待つことが出来ます。

チャンナレッジパークお隣がカフェです。チャーンはタイ語で象という意味です。

(2017/11)

チェンカーンまでの行き方

東北部のメコン川沿いに位置するチェンカーンには、ルーイまで飛行機かバスまで行き、そこからバスであればソンテウ(乗り合いピックアップ)で、飛行機の場合は、空港から乗り合いバンでのリムジンタクシーがあるのでこれに乗り継いで行きます。所要時間はいずれも1時間15分ぐらいです。ソンテウは一人40B、リムジンタクシーは一人250Bです。

私たちは、前日にエアアジアの夜便XJ607(20:15-24:55)でバンコクのドンムアン空港に到着、その日はアマリエアポートホテルに宿泊して、翌朝ノックエアDD9704(09:10-10:25)でルーイに到着し、そのままリムジンタクシーに乗り、ちょうどお昼にチェンカーンに到着しました。地方に一気行きたいときは、エアアジアなどの格安航空はドンムアン空港に到着するので、乗り換えが便利です。

ルーイまでは、バスの場合はバンコクからは北バスターミナルのモチットから10時間ぐらいかかるので、体力的には格安航空が便利だと思います。料金も時期やタイミングによりますが、バスと料金的に大差がなかったりします。このときは利用しませんでしたが、ノックエアでは飛行機+車をセットにした Fly and Ride のチケットがあり、これを利用すると飛行機とリムジンタクシーを事前予約できるので安心です。飛行機+車があるかどうかはノックエアのサイトで確認して見てください。チェンカーンからルーイに戻るときは、ソンテウを利用しました。チェンカーンからソンテウは、ルーイからチェンカーンにやってきたときに通った国道201号沿いから出発しています。300-500mぐらいと市内中心部からそれほど遠くないので徒歩で行くこともできましたが、荷物を持っているので、トゥクトゥクでソンテウ乗り場まで行きました。

ソンテウやルーイ市内から1.5キロほど離れているバスターミナルに到着します。ここから市内まではトゥクトゥクで移動します。1台二人乗車で60Bでした。また、翌日、ルーイ市内のオーキッドホテルから約6キロのルーイ空港にトゥクトゥクに乗りましたが、200Bでした。

ルーイ・バスターミナルルーイのバスターミナル

チェンカーン・ルーイのソンテウチェンカーン・ルーイのソンテウ

(2017/01)

アムパワーからバンコクへの戻り方

アムパワーのロットゥー(乗り合いバン)の乗り場は、車道となっている橋の東側50mぐらいのところにあります。セブンイレブンが近くにあり、通りの斜め向かいにあります。ロットゥーはバンコクの旧南バスターミナル(サイタイ・ガオ / サイタイ・ピンクラオ)まで行きます。料金は70Bでした。二つ会社があるようで時間が合う方に乗ると良いと思います。夕方の便によってはBTSのバンワー駅まで行く場合もあるようです。あとロットゥーは必ずしも旧南バスターミナルのロットゥー乗り場に行くとは限らず、なぜか周辺で降車させられることがあるので注意が必要です。タイではバスなども含めよくあることなので、知っていれば驚きませんが、知らないとちょっと焦ってしまうと思います。

ロットゥーは本数や乗車できる人数が限れられているので事前に予約をしておくことを強くオススメします。特に午後遅い便は混んでいるので注意しましょう。

アムパワーからバンコクへの戻り方

アムパワーからバンコクへの戻り方

(2019/05)

アムパワーの一押しレストラン「ソムタムシーフード」

アムパワーの川岸の屋台で食べるのも良いのですが、暑いし、手洗いも出来ないし、トイレもないのでちょっと落ち着かないですね。ちょっと落ち着いて食べたいなら、鶏がトレードマークのソムタムシーフード(Som Tum Seafood)がオススメです。タイ語名はパワット・ソムタム・ガイヤーンなんですけどね。ソムタムはパパイヤのサラダ、ガイヤーンは鶏肉の炭火焼きのことですが、エビ焼きが有名なので、英語名はソムタム・シーフードなんでしょうか?

ソムタムシーフード人気のソムタムシーフード

ソムタムシーフードこの赤い鶏がマスコットキャラクタです。

ソムタムシーフード鶏肉の炭火焼き

ソムタムシーフードエビの炭火焼き

ソムタムシーフード魚の炭火焼き

エアコンの部屋もあるので蒸し暑い時期は、エアコンの部屋がオススメです。この日も気温35℃で蒸し暑かったので迷わずエアコンの部屋にしました。時間は午後5時半と少し早めだったこともあってスムーズに入れましたが、中は中国人の観光客でいっぱいでした。口コミで知られているんでしょう。遅い時間になるとタイ人でいっぱいになります。

値段はエビはちょっと高めですが全体としてリーズナブルです。英語の写真入りメニューががあるので、それらを見ながら、注文シートに自分で書いていきます。注文したのは鶏肉の炭火焼(ガイヤーン)(60B)、エビ焼き(クンパオ)(850B)、パパイヤサラダ(ソムタム)(45B)×2、シンハービール(60B)、氷(12B)、もち米(10B)です。合計で1082B(約4000円)です。4人ぐらいのグループなら焼き魚も注文したいところです。

ソムタムシーフード

ソムタムシーフード

注文した鶏肉の炭火焼きとエビの炭火焼きです。やみつきになる美味しさです。鶏肉、エビともタレが絶妙で味を引き立ててくれます。ビールもぐいぐいいきたいのですが、エビを食べてると、手がふさがってしまい飲みないです。。。

ソムタムシーフード

ソムタムシーフード

ソムタムシーフード

場所ですが、アンパワー水上市場の中心はメークロン川に一番近いところにある歩道橋周辺ですが、そこから運河の上流に向かって右手側の川沿いの遊歩道を歩いて300mぐらいなので3~4分です。車道の橋を超えて少し上流に100mです。トレードマークの赤い鶏のマスコットがあるのですぐにわかると思います。

(2019/05)

ローカル列車でメークロン線路市場、アムパワー水上マーケットへ行く(3/3)

11:30発のバーンレーム駅行き列車が出発する様子です。私はメークロン駅のホームの中にいて、列車は出発するところです。とにかく一目見ようという観光客で溢れかえっています。地元タイ人、そして中国人の団体さんが多かったです。ここまで観光客が多いと接触事故にならないか心配です。線路脇にも観光客がびっしりといます。

IMG_9547列車が出発するので駅員が交通規制をしています。列車沿いのお店の屋根は畳まれています。

IMG_9558列車が出発しました。手前から奥の方にゆっくりと進んでいます。

IMG_9560列車が線路市場を進む様子を撮ろうと観光客で埋め尽くされています。

IMG_9570列車が通過すると線路市場の屋根がこの通りです。ここが線路とはわかりません。

■ 徒歩でアムパワー行きのソンテウ(乗り合いバス)乗り場へ

列車の出発を見届けた後、観光客が散り始めたのですが暑いのでそのまま駅構内でスイカジュースを飲みながら休憩です。スイカジュースは25B(92円)とお安くて冷たくて美味しいです。

アムパワー行きのソンテウの乗り場は駅から3分程度のところにありますが、案内等は出ていないので、ちょっと迷いました。道を聞いたらセブンイレブンの前だというので、歩いていたら別のセブンイレブンだったりして少し大回りしてしまいました。駅のホームを背にして左手に進み、最初の交差点を右手に進んだ三差路のところにセブンイレブンがあり、その場所が乗り場です。

IMG_9588_edited-1青いピックアップがソンテウ(乗り合いバス)です。

■ ソンテウでアムパワー水上市場へ

メークロンからアムパワーまでは距離にして7キロなので、約10分程度でアムパワー市場に到着です。ソンテウで降車したところは、アムパワー水上市場の裏手側の駐車場です。

料金はアムパワーまでは10Bです。列車は10B+10B=20Bなので、わずか30B(110円)でアムパワーに行けてしまいました。

IMG_9592

(2019/05)